作業員

鳩対策や害獣駆除を業者に依頼する|安心生活ドットコム

自分で行なうのは危険

ハチ退治のために必要な知識

ハチの巣

ハチは防衛本能が強いことで有名で子供などは危険を理解出来ず、近づいたりすると刺されてしまうことがある害虫のため退治が必要となります。 ハチ退治は5〜7月がねらい目であり、理由は女王蜂が巣作りを単独で行っている時期で攻撃性も少ないと判断出来るからです。注意点としては衣服や長くつ・手袋に黒色を用いらないことで、白色の防護服を着用することです。ハチは黒色に敏感に反応し刺激することになるからです。 ハチ退治に必要な知識としては必要以上に刺激しないことで前述した時期や色の他にも香りなどが関係するためハチ退治を行う際には正しい知識を持ち、危険だと判断出来る場合には専門的な業者などに委託することをお勧め致します。

ハチ退治の際の注意点

自分の家にハチの巣ができてしまい、蜂の巣の駆除業者に頼まず、自力で駆除しようとされる方も多いと思われます。 ハチの巣がスズメバチのものであったり、巣が大きくなりすぎている場合は自力での退治は止めておいた方が良いです。特にスズメバチは大変危険です。退治は駆除業者に依頼されることをおすすめします。自力でのハチ退治ができるのは、スズメバチ以外の比較的危険度の低いハチで、巣が極小さい場合のみです。10センチ以内が目安になります。 自分でハチ退治をする際は完全防備で、全身防護服を着用して行います。防護服は黒色のものだと、ハチの攻撃性を誘発する恐れがあるため、白色の防護服を着用して行います。安全にハチの巣に近づくために殺虫剤を使用します。ハチ用の殺虫剤が市販されていますが、最も効果的なのは、ピレスロイド系の成分が含まれているもので、一般的にな虫除け、殺虫剤には、おおむねこの成分が含まれています。